大阪万博が火付けとなった記念メダルとは?

   

こんばんは!

Ricoです♬

 

2025年に再誘致を目標に今、大阪万博が再び注目を浴びていますね。

 

大阪万博というと、記念メダルが思い浮かぶ方もいらっしゃると思います♪

 

この「記念メダル」は、大阪万博が火付けとなったと言われているんですね。

 

では、この記念メダルについて改めてどんな物なのか、どこで購入できるのか、

 

どんな会社が作成したのか、値段など、その歴史についてご紹介します(^^♪

 

     Sponsored Link

 

記念メダルとは?

記念メダルとは、メダルの裏側に好きなローマ字や数字を刻印できるんですね。

 

ですので、ローマ字で自分の名前や恋人、ご家族の名前、数字なら当日の日付や誕生日、結婚記念日、電話番号など入れることができます。

 

刻印時間はわずか10秒!(笑)

 

わずかな時間で購入できます(^^♪

 

しかも、何十年たっても色褪せるがないので、

 

長期にわたって保管できるのも良いですよね♪

 

購入できる場所は?

全国で約100か所にのぼる観光地や博物館、水族館、動物園、フェリー、万博博覧会などで販売されています。

 

そして、販売枚数は年間で100万枚以上だそうです!

 

ものすごい数のメダルを販売されているのですね。

 

購入できる主な場所はこちらです♬

【東京都】

品川水族館

NHKスタジオパーク

すみだ水族館

TBS放送センター

 

私の住む群馬県ですと、碓氷峠文化むらで販売されているようです。

碓氷峠文化むらのサイトはこちら

 

その他、都道府県別に購入場所はこちら

 

では、どんな会社が販売しているのでしょうか?

 

製造会社「茶平」とは?

大阪市住吉区にある「茶平(ちゃへい)工業」は、従業員はなんとわずか11人だそうです!

 

少人数で日本を支えているのですね。

 

現在は二代目社長の武部寿夫さんです。

 

もともとは油圧系の機器を造っていたそうですが、ノウハウを生かして名前などをメダルに彫る刻印機を昭和41年に開発され、

 

一番初めに大阪市内のボウリング場に設置したそうですが、当日に壊れてしまうというエピソードもあったようです(笑)

 

メダル人気が一気に広がったのは、昭和45年に開催された大阪万博で、

 

今話題の太陽の塔や各建物をデザインした50種類にも及ぶメダルは、

 

期間中に約350万枚も販売!!

 

すごい人気ぶりですね…!!(笑)

 

これを機に、自社製造を開始し、海外イベントや長野オリンピック、日韓ワールドカップ、阪神タイガース優勝時などの記念メダルも発売されました。

 

最近ですと、あべのハルカス(大阪市阿倍野区)にも刻印機4台を設置したところ、約2年9か月で約5万6千枚の販売実績を積み、東京タワーでも年間約8万枚が売れているといわれています。

 

この記念メダルは人気を博し、全国にもコレクターが多数いるといわれています。

 

2025年までに再加熱する事間違いないので、今のうちに集めておいた方が良いのかもしれませんね(^^♪

 

記念メダルの値段は?

1個およそ500円前後です。

 

JAF会員などで400円前後になるなど、割引もあります。

 

まとめ

大阪万博が再び注目を浴びつつある中、記念メダルも再び再加熱しそうですね!

 

小さな会社が日本を支えていた事には驚きましたね。

 

全国各地で販売されているので、お出かけの際に手に入れてみてはいかがでしょうか♫

 

ちなみに、1970年代当時の記念メダルは、ヤフオクなどで高値で販売されているようですね。

 

全国のコレクターが多数存在している証拠ですね☆

 

貴重価値の高まる記念メダル、ぜひおすすめです(^^♪

 

Sponsored Link



Sponsored Link



Sponsored Link



Sponsored Link



 - 大阪万博