火星大接近!2018双眼鏡や望遠鏡のおすすめはどれ?

   

 

火星が大接近すると話題ですね^^

 

さて、2018年に火星が地球に大接近するということで肉眼でも確かに観えるようです。

しかし、もう少ししっかりと観たい!という方へおすすめの双眼鏡や望遠鏡をまとめてみました!

ぜひ参考にしていただければと思います^^

     Sponsored Link

火星大接近2018で見頃はいつ?

 

火星が大接近するということで、2018年7月31日に特に近づくといわれています。

火星は赤く光り輝くため、肉眼でもみることができます^^

 

では、火星の大接近で地球に一番近づく時間帯、ピークや見頃はいつなのでしょうか?

出来れば、その瞬間を見てみたいですよね^^

 

ピークや見頃の時期は、

 

7月31日16時50分

 

だといわれています!

この時間に、5759万㎞までの距離まで地球に近づくといわれています。

 

明るさは、実に木星よりも明るくなるようですが…木星の明るさが分かりづらいのでちょっとイメージしにくいかもしれませんね。

ただ、肉眼でもどの星よりも明るく、赤く輝きますから発見しやすいそうですよ^^

 

実は、ピークとはいえ地球と火星はほぼ同じ方向に並んで公転していますので、近づいた状況は続いていくのです。

すでに6月下旬から9月上旬までは肉眼でもみえるような明るさで輝き、観る事ができるようです^^

 

ですので、この7月31日を万が一逃してしまったとしても、観る事は出来そうです^^

 

ピークは7月31日といわれていますが、実は9月頃までもみることができますので万が一見逃してしまっても全く見られなくなるわけではないのです^^

 

火星大接近2018でおすすめの双眼鏡はどれ?

 

では、火星大接近2018でおすすめの双眼鏡はどれでしょうか?

 

カメラレンズやフィルター、双眼鏡などを取り扱うメーカー「kenko Tokina」からおすすめの双眼鏡です。

なんと100倍も見えて、手のひらサイズで小型双眼鏡となっています。

 

【送料無料】【あす楽対応】【即納】 ビクセン 双眼鏡 アリーナM 8×25 [眼鏡をかけていても視野が広いハイアイポイント仕様/メーカー保証5年間/ケース・ストラップ付]

 

続いて、ビクセンの双眼鏡です。

ビクセンは天体望遠鏡や双眼鏡を取り扱う総合光学機器メーカーです。

 

火星が大接近するということで、HPには火星について色々と知る事ができるようになっています^^

ビクセンのHPはこちら

火星大接近2018でおすすめの望遠鏡はどれ?

 

では、火星大接近2018でおすすめの天体望遠鏡はどれでしょうか?

 

火星は地球より少し遠い星になりますので、最高倍率が150倍くらいあるものですと、表面の模様までみることができますよ^^

 

初心者の方や小さいお子さんにも安心して使うことが出来る天体望遠鏡はこちらです^^

【ポルタ II A80Mf Vixen】

 

 

フリーストップ式で、微動ハンドル装備がついていますので、観測しやすくなっています。

 

 

セレストロン Omni XLT AZ80

 

 

こちらも、初心者の方におすすめです。

世界最大の望遠鏡メーカー「セレストロン」です。

こちらも、フリーストップ式ですので、ゆっくり動かすことができる初心者向けの仕様となっています^^

限定生産なようなので、お早めに!

 

火星大接近2018で見頃やおすすめの双眼鏡や望遠鏡 まとめ

 

火星が大接近するということで、2018年おすすめの双眼鏡や望遠鏡、見頃はいつなのかまとめました。

 

見頃は7月31日でしたね!

特に夕方16時50分頃ということでした!

 

おすすめの双眼鏡や天体望遠鏡で、大切な方と火星観測を楽しんでみてはいかがでしょうか^^

【関連記事】

火星が接近!2018時間はいつ?日程や方角・見頃も調査!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

Sponsored Link



Sponsored Link



Sponsored Link



Sponsored Link



 - 未分類