クリンスマン監督(元ドイツ代表監督)の経歴やプレー動画は?息子や嫁も衝撃!

   

 

日本代表選手がロシアW杯でベルギーに敗れ、悲しみや悔しさに包まれる中、突然次期監督のニュースが飛び込んできましたね!

たった2ヶ月間でここまで日本代表選手をまとめあげた西野朗監督が続投するかどうか、といった事の前に早々と次期監督の名前が浮上しています。

 

その方は元ドイツ代表監督であるユルゲン・クリンスマン(53)さんです。

どんな方なのでしょうか?

 

今回は、クリンスマンさんの経歴や現役時代のプレー動画、そして息子さんについて詳しく調査してみました!

     Sponsored Link

クリンスマンの経歴・プロフィール

 

名前:ユルゲン・クリンスマン(Jürgen Klinsmann)

生年月日:1964年7月30日(53歳)

出身地:西ドイツ・ゲッピンゲン

身長:182cm

体重:73kg

 

実は、ご実家はパン屋さんだそうで、パン職人の息子さんでした。

父親はすでに逝去していますが、母親と兄が実家のパン屋さんを継いでいるそうです。

 

クリンスマンさんは、西ドイツ・ゲッピンゲン出身であり、ポジションはFWの元サッカー選手です。

西ドイツのクラブチームに入団し、1987年/1988年シーズンには得点王を獲得しています。

 

西ドイツ代表選手にも選ばれます。

1987年12月のブラジル戦でデビューを飾り、1988年ソウルオリンピックでは銅メダルを獲得します。

その他、1990年ワールドカップ・イタリア大会、UEFA欧州選手権1996では共に優勝を飾りました。

 

1989年にはセリエA・インテル・ミラノへ移籍、1995年にはドイツバイエルン・ミュンヘンへ移籍しUEFAカップ、リーグ優勝を獲得しました。

 

しかし、その後は成績振るわず2003年に現役引退しました。

 

現役を引退した後ですが、コーチライセンスを取得して2004年にドイツ代表監督に就任しました。

 

2008年にはバイエルン・ミュンヘンの監督に就任します。

しかし、常に大胆な改革を進めるのを得意とするクリンスマンさんですが、成績不振に悩まされわずか1年で解任されました。

 

2011年7月、アメリカ代表監督に就任します。

戦術など大きく改革し、2013年CONCACAFゴールドカップでは優勝し2014FIFAワールドカップに出場、決勝トーナメント進出も果たしました。

 

しかし2016年11月、2018年FIFAワールドカップへの出場切符を逃したためアメリカ代表監督を解任されました。

 

クリンスマンさんは、大きな変革を求める性格のようですね。

また、「どの監督にも好みの選手とそうではない選手がいる」と話していたようです。

ですので、選手の好みがしっかりと出ている監督なようです。

 

クリンスマンのプレー動画は?

 

クリンスマンさんの現役時代のプレー動画をまとめてみました!

 

・クリンスマンさんのゴール集

 

 

 

・ワールドカップでの活躍

 

いかがでしたか?

クリンスマンさんの瞬発力が半端ないですね!

また、ヘディングが得意な選手だったようですね。

 

クリンスマンの息子や嫁はどんな人?

 

クリンスマンさんは1995年に結婚しています。

奥さんはデビー・チンという方です。

 

なんと、元アメリカ女優の方でかなり美人な方なようです!

 

また、2人お子さんもいらっしゃるようですね。

そのうちの1人、クリンスマンさんの息子ジョナサン・クリンスマンさんはプロのサッカー選手です。

1997年に誕生し、アメリカのカリフォルニアで生まれました。

奥さんがアメリカ人のため、アメリカでの出産となったのでしょう。

そのため、これまでもバークレー大学でプレー、U-20アメリカ代表として活躍するなど、現在アメリカ代表として活躍されているようです!

 

2017年12月、ヘルタ・ベルリンでのトップチームデビューを飾りました。

しっかりとPKもセーブし、父親のクリンスマンさんからTwitterで

「よくやった!ジョナサン!一歩ずつだな」

と投稿されたようですね^^

 

試合前も「いつものようにプレーするだけ」と励ましたもらっていたようです。

親子共々、サッカー界で活躍中なようですね!

 

クリンスマンの経歴やプレー動画・息子や嫁について まとめ

 

次期監督について、候補に挙がっているクリンスマンさんの経歴やプレー動画、そして息子や奥さんについてまとめました。

 

クリンスマンさんがドイツで活躍されていた様子が分かりますね。

息子さんもサッカー界で期待の星として注目を集めている選手でしたね。

親子共々、ますます活躍が期待されるところでしょう。

 

今後の動向に注目が集まりますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link



Sponsored Link



Sponsored Link



 - 2018FIFAロシアワールドカップまとめ, スポーツ