山口達也がアルコール依存症で入院していた病院はどこ?〇〇と特定?

   

山口達也さんが強制わいせつ容疑で書類送検されましたね。

ジャニーズタレントであるがゆえに、衝撃的な事件でした。

 

さて、山口達也さんが先日行った会見で「アルコール」について触れていました。

山口達也さんは、大のお酒好きであるとの事ですが、そのお酒によって過去に入院生活をされていたようです。

つまり、「アルコール依存症」なのではないか、という疑惑が浮上しています。

 

そこで、アルコール依存症という病院について、そして山口達也さんが入院していた病院名など調査してみました!

      スポンサーリンク

山口達也がアルコール依存症で入院していた病院はどこ?〇〇と特定?アルコール依存症とは?

 

アルコール依存症とは、薬物依存症の中の種類に入ります。

また、アルコール依存症により身体障害と精神障害を引き起こします。

 

身体障害とは?

身体障害とは、アルコールを多量に摂取する事により体に異常を起こす事です。

例えば、肝機能障害、脳血管障害などです。

 

肝機能障害とは、すぐに疲れたり、だるいといった症状が出たり、尿の色が濃くなったり体がむくんだりします。

肝臓に障害が出来ると、「肝炎」や「肝硬変」、「肝臓がん」になるおそれもあります。

 

脳血管障害とは、脳の血管が障害を受ける事により引き起こる疾患です。

 

例えば、脳出血(脳内出血やクモ膜下出血)、脳梗塞(脳血栓など)など引き起こします。

これは、前触れなく突然起こる事が多いです。

 

精神障害とは?

飲酒などアルコールを摂る事によって気分が良くなったりします。

中には全く受け付けない方もいますね。

 

通常であれば、自分の意思でお酒の量をコントロールします。

これだけ飲んだら気持ちが悪くなる、気持ちにセーブが効かなくなる、など理性が効きます。

 

しかし、アルコール依存症になるとお酒の飲む量や状況などを自分でコントロール出来なくなってしまいます。

お酒は良くない、と分かっていても脳に異常が起きてしまい、止められないのです。

 

その上、お酒を飲まなくなるとイライラしたり、手の震えが起きたり、発汗したり眠れなくなります。

いわゆる、禁断症状が起きてくるのですね。

その状態を解消できるのが、またお酒という事になります。

ですので、再度お酒を飲んでしまう…という繰り返しになります。

 

しかも、飲酒の量は初期に比べると徐々に増えていきます。

これは、体がアルコールに慣れてしまうのですね。

よって、アルコール依存が進行し、よりアルコールを求めるようになります。

 

この依存性は、タバコや薬と同じようにかなり強いものです。

 

 

「意志が弱い」からといった性格の問題ではありません。

病気ですので、本人の意思の元、通院や入院で早期に治療を行う必要があるのです。

 

アサヒビールによるアルコール依存症自己診断テストというものがありましたので、ご紹介します。

 

男性はこちら→アルコール依存症チェック

女性はこちら→アルコール依存症チェック

 

山口達也がアルコール依存症で入院していた病院はどこ?山口達也はアルコール依存症なの?

 

山口達也さんは、2018年1月15日から約1か月間、入院していました。

 

実は、4年前からアルコール治療をはじめていたようです。

今回の1月の入院で2回目になるようです。

 

しかし入院した理由は、

 

アルコール依存症だからではない。肝臓の数値が高かったため」

 

とコメントしていました。

 

このコメントにより、多くの医師がアルコール依存症なのではないか、と疑問を投げかけています。

中には、謹慎より禁酒の方が最優先なのでは、という声も上がっているようです。

 

また、専門家によるとアルコール依存症であるご本人が否認こそアルコール依存症の特徴だそうです。

更に会見時は、多汗、そしてマイクを持つ手が震えていましたね。

緊張のせいもあるかもしれませんが、アルコール依存症による精神障害の状態とよく似ていますね。

 

退院した当日にも焼酎1本も飲まれていたようなので、お酒を飲みたい一心であった事が分かります。

 

山口達也さんがアルコール依存症である事は、ほぼ間違いないようです。

 

山口達也がアルコール依存症で入院していた病院はどこ?〇〇と特定?

 

では、山口達也さんがアルコール依存症で入院していた病院はどこなのでしょうか?

まず、アルコール依存症の方の治療を専門としている病院をまとめてみます。

 

【東京】

・東京アルコール医療総合センター(成増厚生病院)

・松沢病院

・東京足立病院

・駒木野病院

 

【神奈川】

・久里浜医療センター(東京)

・神奈川県立病院(せりがや病院)

 

 

山口達也さんは芸能人ですから、大きな病院である可能性は高いです。

また、大変忙しい方ですので地方など遠方の可能性も低いです。

 

ですので、一番可能性が高いのは治療設備が一番整っている「久里浜医療センター」なのではないでしょうか。

 

場所はこちらです。

神奈川県横須賀市野比5丁目3−1

 

久里浜医療センターは、アルコール治癒に関しては日本一とも言われているようです。

規模も大きく、各地から医療スタッフの研修も整っており、周辺も海や山があり環境が良いようです。

こうした理由から、リピーターも多いようです。

 

ただ、病室には隔離され鉄格子などもあり、油断を許さない状況になっても対応できるようになっているようですね。

 

山口達也がアルコール依存症で入院していた病院はどこ?〇〇と特定?まとめ

 

アルコール依存症の怖さや、山口達也さんがアルコール依存症で入院していた病院はどこか、まとめてみました。

 

アルコール依存症により、身体障害(肝機能障害、脳血管障害)や精神障害(イライラ、禁断症状)を引き起こします。

 

山口達也さんは2回も入院もされていて、肝機能を休めるとの事でしたがアルコールの欲求度が非常に高いようです。

ですので、退院当日に焼酎1本も飲んでしまいました。

 

治療の病院として可能性があるのは、神奈川県にある「久里浜医療センター」です。

都内から近く、大きな病院であり、治療設備が整っているようです。

 

山口達也さんの今後はどうなるのでしょうか。

 

 

【関連記事】

山口達也の被害者である女子高生は誰?顔画像や名前は?

 山口達也が薬で怪しい!という噂って本当?あの芸能人が関わってた!?

山口達也が怪我をしたのはいつ?本当の理由が衝撃的だった!!

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

Sponsored Link



Sponsored Link




Sponsored Link



Sponsored Link




 - 芸能ネタ